Google、中国事業閉鎖の可能性 言論の自由の問題めぐり

世界に公にされている情報を13億人に検閲し続けられるとは思えません。

Googleが国内からなくなると少なからず言及されるはずでしょうから、

インターネットが共和党の一党独裁を変えるキッカケになるかもしれません。

−−−−−−−−−−−−−

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/13/news028.html

BACK